Archive for 4月, 2019


趣味が合ったら出会いがありました

on 2019年4月14日 in 出会いと結婚 趣味が合ったら出会いがありました はコメントを受け付けていません。

アラサーでも出会いがあるって本当だったと思います。
婚活サイトで理想の相手を探してみたけれど、正直がっかり、なんてのも多かったです。
あんまり理想ばっかり言ってもしょうがないよ、って言われたけど譲れないセンってあると思うんです。だからその譲れない部分だけは死守して、他はまあまあなら妥協してみることにしました。
具体的に言うと今までは自分より背が高くて、もちろんお金持ちで、イケメンで優しくて、いつでも自分のことを見ていてくれて趣味が合う人を探していたんですけど、そんなヤツいないよ、と友人にさんざん言われました。無理、つうか釣り合ってない、とまで言われたこともあります。
それで趣味が合う、に絞ってみることにしました。婚活でいろんな人と話したけど、趣味が合わないと話していてつまらないからです。
今度の彼は今までの話を聞いていてくれた友人に言わせると「えっ」らしいけど、最初から話が合っていい感じに思えたのはこの彼だけでした。
今まで言ってたことは何だったの、とまで言われたけれど、こんないい出会いがあるなら少しの妥協も悪くないと今なら思えます。

貧乏男子と出会ったら、無視?

on 2019年4月13日 in 出会いと結婚 貧乏男子と出会ったら、無視? はコメントを受け付けていません。

仲間内で、結婚するに値しない男性とは、どんな人なのかを考えてみました。
やっぱり、結婚するなら生活が成り立たないと困るので、貧乏男子は一番困るタイプであるとの結論です。
でも、出会いに貧しい私達に唯一声を掛けてきたのが貧乏男子だった場合、どう対応するかという話題に。
ある人は、「本当に良い人で結婚したいと思ったら、養う覚悟がある」と男前な発言をしました。
またある人は、「貧乏は選ぶに値しないから、情がうつらないように無視して素通りする」というのです。
なんとなく、人でなしのようですが、素直でいい子だと感心してしまいました。
そして、私。
どうするかなと考え、結論が出せませんでした。
独りきりでいるよりも、貧乏のほうがマシかも。
いや、いやな奴だって生活を支えてくれるとなれば、情が生まれるから我慢できるはず。
どっちかなあ?
どっちでもないのかなあ?

寒い日のラーメンは最高です

on 2019年4月6日 in ビジネスと仕事 寒い日のラーメンは最高です はコメントを受け付けていません。

今日はとても寒い日でしたね。かなり底冷えする感じで、体が芯から冷たくなっている感じがつらいです。私はハイヤーの運転手をしているのですが、仕事中も体がちょっとだるくて、もしかしたら風邪をひいてしまったかもしれないですね。ちょっとまずいですね、これから仕事が繁忙期に入るというのに、これはなんとかしないといけませんね。とりあえず、体を温めようと思って、仕事帰りに、にんにくたっぷりのラーメンが食べれる行きつけのお店に寄りました。結構ひさしぶりに入ったのですが、やっぱりここのラーメンはおいしいです。ねぎがたっぷり、メンマもたっぷり、チャーシューもジューシー、にんにくも山盛り、これは体が温まりましたよ。うーん、最高でした。満足満足です。そして、すぐに帰宅して風呂に入りました。45分くらい湯船につかっていたので、体が芯から温まりましたね。風邪気味なのが吹き飛んでしまいました。明日からも頑張れそうです。

出会いってなんだっけ?

on 2019年4月5日 in 出会いと結婚 出会いってなんだっけ? はコメントを受け付けていません。

かれこれ素敵な出会いと縁のない毎日です。
毎日見かける通行人やコンビニの店員、宅配業者など身近な人にアンテナを張っても全然「出会いセンサー」が動かないのです。
よく出会いは向こうから訪れるとか、自然とあるものだとか聞くけれどこんなにも出会いと程遠くなっているのは私の「女子力低下」からきているのでしょうか。
そんな私には理想の出会いがあります。それは、仕事でもどんな状況でもいいのですが「困っている時に手を差し伸べられる」ことがきっかけとした出会いです。
せっかく理想を述べるならここまでさり気なさの中に運命的な要素が欲しいのが本音です。あまりにロマンチック過ぎたり、ありえなそうなシュチエーションだとさすがに現実との差に悲しくなるのでこれくらいが丁度いい理想かなと思います。でも理想を追い過ぎて「本当の出会い」を見逃さないように日々出会いを待ち望んでいます。

60歳を過ぎてからのタクシードライバー

on 2019年4月2日 in ビジネスと仕事 60歳を過ぎてからのタクシードライバー はコメントを受け付けていません。

60歳を過ぎてから就職するというのはかなり厳しい時代ではないでしょうか。60歳という年齢では、パートをするのがやっとかもしれませんし、交通誘導とか、警備員、ビルの清掃のような仕事しかない、そんな印象もあります。そのような中で、タクシードライバー求人を見ると、60歳以上でも採用してくれる会社があり、それはとても嬉しいのではないでしょうか。タクシー業界は、こうしたシニア世代の人たちの求人を積極的に採用しているのは事実です。ベテランドライバーとしての経験、安定性、落ち着きというのは、この業界では必要な特質であり、確かに若い人たちよりも、しっかりとした運転をすることができるケースが多いのです。タクシーというとなんとなく厳しいノルマのようなものがあるのではないか、そんなイメージを持つかもしれませんが、実際にはそんなことはなく、自分のペースで働くことができます。