Archive for the ‘ビジネスと仕事’ Category


行政書士として就労ビザに奔放する友人

on 2019年7月14日 in ビジネスと仕事 行政書士として就労ビザに奔放する友人 はコメントを受け付けていません。

友人とはスペイン留学時代に出会いました。
彼は、スペイン留学後、スペイン語とは関係なく、得意のPCを使う広告業界へと就職しました。
そこで7,8年勤めた上で、学生時代に取得した行政書士の資格を利用して、そういった事務所に転職しました。

そこに就職してからの彼は、おそらく、その業界の人からしても、もちろん、その業界で活躍していない人から見れば、海外に飛びまわるエリートに見えます。

結果、彼は独立して、日本で就労ビザを必要としている外国人のために、日本滞在ビザを取得するために扮そうしています。
彼自体、スペイン留学経験があるだけでなく、その当時に他の留学生よりも隠れて培ったスペイン語の(英語もある程度はあります)語学力があるので、今はフリーランスとして、主に就労ビザを必要とするスペイン語圏の人の日本での就労ビザや就労先のサポートをしています。

若いうちに投資の勉強を

on 2019年5月16日 in ビジネスと仕事 若いうちに投資の勉強を はコメントを受け付けていません。

将来のことを考えて、色々な投資を調べてみました。

株式やFX、金など色々な投資がありましたが、その中でも不動産投資に興味を持ちました。

私が感じた不動産投資の印象は、安定でした。

不動産を購入するわけなので初めに資金が必要ですが、安易に考えなければ将来安定した利益が得られるのではないかと思いました。

また不動産は比較的購入しやすい価格のものから高額のものまであるので、自分の身の丈に合ったものを選ぶのも重要に感じました。

働き始めたばかりのサラリーマンには少しハードルが高いのではとも思っていましたが、調べてみるとそんなことはなくて身近に感じられるものでした。

ただもちろん無知でできることではないので、若いうちから将来を見据えて投資の勉強もしておくべきなのかなと思っています。

あまり無理しない程度に投資をして、将来いっぱい楽しみたいです。

タクシー会社への転職

on 2019年5月14日 in ビジネスと仕事 タクシー会社への転職 はコメントを受け付けていません。

私は20年間、市場で勤めていました。
ある日荷物を取ろうと脚立に登った所、バランスを崩して転倒。頭を強打したため、しばらく入院する事になりました。

退院後は事故の後遺症で重たい荷物が持てず、市場での仕事を継続する事が出来なくなりました。しかし幸いにも二種免許をもっていた為、友人のすすめでタクシー会社への転職が出来ました。

タクシー会社への転職を経て、はじめてわかった事があります。それはタクシーというのは、最短でお客様を目的地に送る仕事だという事。私が客としてタクシーを利用していた頃は「こういう仕事は何も考えずに出来るから気楽だな」と思っていました。しかしこの転職を機に、どんな仕事であっても人のためを思ってやっているのだなと、思えるようになりました。

この転職から学んだ事と、タクシーの運転手としてのスキルアップを目指して、人のために出来る事を大切にしようと思いました

タクシー求人でメリハリのある仕事をする

on 2019年5月4日 in ビジネスと仕事 タクシー求人でメリハリのある仕事をする はコメントを受け付けていません。

いろいろな業種の求人がありますが、その中でも群を抜いて好条件を提示しているのがタクシーの求人です。少しでも多くの人に働いてもらいたいという気持ちが強く、積極採用しており、大量募集の看板を掲げている業者は少なくありません。若い人たちも、60代でも採用しているところがあり、あまり年齢を気にせずに応募できるという点で魅力があります。

タクシーの仕事は、夜勤だったり、日勤だったりと、やや不定期なイメージがあるかもしれませんが、実際はそうでもなく、あらかじめ予定が決まっているので、それに合わせて調整しながら自分の体調を整えていくことができます。そして休みが取りやすく、年間の休日は、他の職業よりもはるかに多いに違いありません。効率的に時間を使って稼ぐスタイルなので、そうした点でも、だらだらとせずに、メリハリのある仕事ができるでしょう。

本格的な就職活動について

on 2019年4月28日 in ビジネスと仕事 本格的な就職活動について はコメントを受け付けていません。

日本の企業の採用活動も大きく変わろうとしています。大学新卒の採用が一括で始まっていた時期から通年採用が企業側も認めるようになりつつあります。実際には欧米では当たり前のことですが日本ではこの古い慣習がなかなか変わってきませんでした。実際に大学生にとってもインターンで企業を経験した上で就職する方が安心ではないかと思います。もちろん、就職活動のあり方が変わると学生も大きく変わってきます。その中で1番問題になるのは大学生は4年間勉学に励むと言う基本がある中就職活動が中心になってしまい大学で学ぶべきことが学べなくなってしまうことです。突然大学生が通年採用になると難しいかもしれませんが少しずつ慣習を変えていくことで就職活動を変えていく事は結果的には日本企業の人材活性化につながる事は間違いありません。 本格的な就職活動の変化はこれからです。

寒い日のラーメンは最高です

on 2019年4月6日 in ビジネスと仕事 寒い日のラーメンは最高です はコメントを受け付けていません。

今日はとても寒い日でしたね。かなり底冷えする感じで、体が芯から冷たくなっている感じがつらいです。私はハイヤーの運転手をしているのですが、仕事中も体がちょっとだるくて、もしかしたら風邪をひいてしまったかもしれないですね。ちょっとまずいですね、これから仕事が繁忙期に入るというのに、これはなんとかしないといけませんね。とりあえず、体を温めようと思って、仕事帰りに、にんにくたっぷりのラーメンが食べれる行きつけのお店に寄りました。結構ひさしぶりに入ったのですが、やっぱりここのラーメンはおいしいです。ねぎがたっぷり、メンマもたっぷり、チャーシューもジューシー、にんにくも山盛り、これは体が温まりましたよ。うーん、最高でした。満足満足です。そして、すぐに帰宅して風呂に入りました。45分くらい湯船につかっていたので、体が芯から温まりましたね。風邪気味なのが吹き飛んでしまいました。明日からも頑張れそうです。

60歳を過ぎてからのタクシードライバー

on 2019年4月2日 in ビジネスと仕事 60歳を過ぎてからのタクシードライバー はコメントを受け付けていません。

60歳を過ぎてから就職するというのはかなり厳しい時代ではないでしょうか。60歳という年齢では、パートをするのがやっとかもしれませんし、交通誘導とか、警備員、ビルの清掃のような仕事しかない、そんな印象もあります。そのような中で、タクシードライバー求人を見ると、60歳以上でも採用してくれる会社があり、それはとても嬉しいのではないでしょうか。タクシー業界は、こうしたシニア世代の人たちの求人を積極的に採用しているのは事実です。ベテランドライバーとしての経験、安定性、落ち着きというのは、この業界では必要な特質であり、確かに若い人たちよりも、しっかりとした運転をすることができるケースが多いのです。タクシーというとなんとなく厳しいノルマのようなものがあるのではないか、そんなイメージを持つかもしれませんが、実際にはそんなことはなく、自分のペースで働くことができます。

人気が上がっているタクシードライバーのこと

on 2019年3月25日 in ビジネスと仕事 人気が上がっているタクシードライバーのこと はコメントを受け付けていません。

最近ではタクシードライバーが人気で就職先にも考える人が多いです。こういう現実には面白い背景があると思います。例えば今は車を持っていない人も増えているのです。なぜならお金の問題で車が大きな負担になるからです。
だからこそタクシーを使って移動するのが良いのです。またタクシードライバーは臨機応変に対応しているのでカッコイイです。その姿を見て皆がタクシードライバーに憧れています。
またテクニックもあまり必要ないのでタクシードライバーは良いです。場所や道を知っていればタクシードライバーとして機能します。重要なのは客を的確に送るという部分です。
人気の仕事にははっきりした理由もあると思います。タクシードライバーは意外な存在で魅力があります。近年ではタクシーの客も増えているのでこの仕事は明るいです。
また未来の転職先としてここを考えるのも良いです。

タクシードライバーと接客スキル

on 2019年3月6日 in ビジネスと仕事 タクシードライバーと接客スキル はコメントを受け付けていません。

以前働いていた職場ではとにかく上司と衝突することが多く、毎日人間関係に悩まされていました。それが苦痛で今はタクシードライバーになったんですよね。タクシードライバーになることで人間関係のことで悩むことがなくなり、すごく快適な毎日になりました。

1人で仕事をするってなんて自由でいいんだろうって思いますね。以前はずっと上司に見張られているような感じで辛かったです。思い切って転職して良かったなぁとしみじみ思います。この仕事で一生頑張っていけたらいいなと思っているので、失敗しないようにしないといけないですね。

仕事をして思ったことですが、接客業って大変だなということです。でも嫌じゃありません。毎日色々なお客様と話すことは楽しいです。でももっと接客スキルをアップさせないとだめだなと思いました。今のままでは失敗しそうなので、勉強しないといけませんね。

不動産投資で相場よりも高い賃料を設定するには

on 2019年3月4日 in ビジネスと仕事 不動産投資で相場よりも高い賃料を設定するには はコメントを受け付けていません。

不動産投資としてマンションや戸建てを購入し、他人に貸し出すことで家賃収入を得たいと考えた場合、重要となるのは「賃料」、つまりは家賃をいくらに出来るかです。

投資目的で部屋を貸し出すのであれば、賃料(家賃)を出来るだけ高く設定したいと思うのは、当然のことでしょう。
では、どうすれば家賃を相場価格よりも高く設定できるのか。
それは入居者の対象を絞り込んで、他と差別化を図ることです。

例えば、「完全防音」を謳っているマンションは、間取りや敷地面積といった条件が悪くても、相場よりも高い賃料を取ることが出来ているという実例があります。最近人気の「シェアハウス専用物件」というのも差別化の良い例です。

全ての人が防音やシェアハウスを条件に部屋探しをするわけではありませんが、逆にそういう物件を探している人であれば、多少家賃が高くなっても契約する可能性が高くなるわけです。
利用可能な物件の選択肢が少ないからです。

また、なんどもかんでも好条件が揃った物件を作るのは大変ですが、一部に特化した物件であれば、比較的少ない初期投資で実現できるものです。
さらに、人間というのは1つでも強い訴求要素があると、その他のマイナス面にはそれほど意識がいかなくなる傾向があります。上記の例で言えば、築年数や立地条件、敷地面積などですね。

何も特化した点が無ければ、古い物件よりも新しい物件の方が好まれ、当然古くなるほど家賃相場は下がっていくものですが、何かに特化した物件であれば、そういった相場に影響されずに家賃を設定できるようになります。