不動産売却がいつでもできる強みを持つ

on 2019年2月11日 in ビジネスと仕事

空き地活用の話題がニュースなどで取り上げられるようになり、アパート経営やマンション経営、あるいは空き部屋活用として民泊などの選択も候補の1つとしてあります。いろいろな方法があるわけですが、そうした活用をするのが、不労所得のようになるかもしれないということで、メリットが大きいものの、はたしてそれだけの初期投資あるいは維持費を支払ってもそれだけの費用を回収できるのか、それまで自分が生きているかも含めていろいろなことを考えるに違いありません。とはいえとりあえずアパートを建ててみて、ダメだったら不動産売却をすればいい、そんな楽観的な見方で、やってみるのも悪いことではありません。不動産を持っていることで、活用方法が広がるのは確かですし、それがあることで、安心感を持つこともできるでしょう。いざとなればいつでも不動産売却ができる強みを持つのです。

Comments are closed.