自慢の腕前、お見せします

on 2019年2月12日 in ビジネスと仕事

タクシー乗務員は運転のプロであり、道を知り尽くした人。
以前、私が乗った車の運転手さんは、中年の話好きな人でした。
「駅まで?じゃぁ、1つも信号で止まらないで行ってあげますよ」
と!
いえいえ、急いでないので安全運転でお願いします。
と心の声は押しとどめ、愛想笑いの後部座席。

もちろん法定速度の安全運転でしたが、行くときに乗ったタクシーの通った道とは全く違う裏道をスイスイスイっといくではありませんか。

裏道なので、信号で止まらないではなく、信号が無いのです。

そういう意味か!
と一安心して、やっと運転手さんの話に耳を傾ける余裕が出てきました。

その土地の名前の由来やら、建物が建設されるときの経緯など、私の知らない話をずっと聞かせてくれました。

そして、宣言通り、信号には一度も止まらずに駅まで無事に到着しました。

「ね、言ったとおりでしょ」
と振り返っていったときの運転手さんの少年のような、誇らしげな顔が印象的でした。

Comments are closed.