ネットを使ったゲームの買い取り依頼体験

on 2015年11月29日 in 生活と暮らし

先日、友達から、自分の実家の押し入れには、子どもの頃に使っていた古いゲーム機やゲームソフトが入れたまま、放置状態だという話を聞きました。

ちなみに友達というのは昨日この記事を書いた友達です。

友達が、ゲームといっても、どれも何十年もまえの物だし、お店に持っていても買い取ってくれないだろうから、いつかゴミの日に捨てなきゃいけないけど、分別や捨てにいくのが面倒だなあという内容の愚痴を喋っていたのを聞いて、私は、ネットでなら買い取りをしてくれる業者がいるんじゃないかと思い立ち、その場で買い取り会社を検索しました。

すると、レトロゲーム買い取り可能な業者の名前が次々とヒット。ネット上には、びっくりするくらいの買い取り業者が存在しました。

私は友達と二人で、いくつかの買い取り会社の買い取り価格を比較して、一番高く買い取ってくれる業者に、買い取り依頼をすることにしました。

ゲームの買い取り方法は、店によってさまざまのようです。私と友人が使った会社は、段ボールに買い取ってもらいたいゲームと、必要書類を入れ、指定の宅配会社から着払いで、買い取り業者あてに物品を送るというものでした。

買い取り査定結果がメールで送られてきたのは、ゲームを段ボールに詰め、買い取り業者に送ってからおよそ一週間後でした。

買い取り価格は、思った以上に高額でした。10日以上、ファミレスのランチが楽しめてしまうほどの金額です。

ゴミになるはずだったものが、簡単な作業をするだけで高値で売れるようになるなんて、今はいい時代だなと思いました。

Comments are closed.