債務整理からの出発、資金計画をたてよう

on 2015年4月2日 in 生活と暮らし

日本経済が長く停滞した時期が続き、生活の為に借入をする人も多くいました。

そんな中ノンバンクを始めとする金融機関は貸し出し金額を順調に伸ばしていました。借りる時には簡単ですが返すとなると金利の関係もあり、こんなに借りたのだろうかと不思議になるくらい金額が膨れていることもあります。特にリボ払いなどで月額固定金額を長い間払っているのに、気が付いてみるとほとんど元本が減っていない等というのはよくある話です。

債務整理はそんな時にとても有効な手段です。債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産などの種類があります。

また、内緒の任意整理をしたい場合は弁護士などに依頼することもできますが、自分で行う事も可能です。各整理方法にはそれぞれの特徴があり、現状の自分自身の状態を良く考えて行う必要があります。そして債務整理を行った後には、今後は債務整理の手段を選ばなくて良いような資金計画を立てる事が重要になります。

Comments are closed.